パリ有数のレストラン

歴史的な場所

1862年5月5日に開業したホテル・ド・ラ・ペ、現在のインターコンチネンタル パリ ル グランと Café de la Paix は、老舗ホテルおよびレストランとして世界中にその名を知られています。

第二帝政期のエレガントなスタイルを持つ Café de la Paix は、歴史的なフレスコ画と金を用いた豪華な内装を誇ります。

洗練された料理で知られるカフェ・ド・ラ・ペでは、屋内のテラス、また気候の良い季節にはオペラ座側のオープンテラスにて、1日中軽食やドリンクもご利用いただけます。

パリの中心にあるターブルドット、毎日曜日のブランチ…。様々な顔を持つ Café de la Paix を、どうぞご利用ください。

150年の歴史…

1896年 、ウジェーヌ・ピルが、発明されたばかりの映画の上映会を中二階にて開催。入場料は1ユーロ。上映会は夜8時から夜中まで続きました。

1898年、 ある夏の午後、 Café de la Paix のテラスの常連客であったオスカー・ワイルドが、不思議な光景を目撃しました。道路に水がまかれ、軽い水蒸気が立ち昇っていました。突然、その水蒸気の立ち込めるオペラ座広場の中央に黄金の天使が現れ、どんどん大きくなっていくのでした…。気を失った女性がいたり、テーブルがひっくり返されたりと、あたりは騒然となりました。奇跡が起こったのか?いいえ、そうではありません!それはオペラ座の頂上に飾られている寓話の人物の金の彫像が太陽の光を水蒸気のスクリーンに反射させ、広場の真ん中にその映像が浮かんでいたのでした!

1914年 、前線に向かう「マルヌのタクシー」の列がカフェ・ド・ラ・ペの前を走り去って行きました。第一次世界大戦の勝利を祝って軍隊がオペラ座前を行進していく姿を、ジョルジュ・クレマンソーは建物の上の階から見守りました。

1938年 、 Café de la Paix の経営者は、アメリカ式の素早いサービスと手ごろな値段が特徴のレストランチェーン「Pam Pam」を立ち上げました。「Pam Pam」はまずシャンゼリゼ通り、続いてバー オペラの場所にオープンしました。パリでのこの最初のファストフード店の試みは、流行に乗って人気を博し、70年代まで大きな収益を上げました。

1939年 、戦線布告の日、 Café de la Paix はその歴史の中で初めて営業を停止しました。

1944年8月25日、解放戦線が戦われている最中に、ドイツ軍の手りゅう弾によって火事になりましたが、給仕頭たちが炭酸水用サイフォン瓶で急いで消し止めて事なきを得ました。

1948年11月 、イヴ・モンタン、モーリス・シュヴァリエ、アンリ・サルバドールが出演した、仏米最初の生中継番組「 This is Paris 」の収録場所となりました。

1950年代、 マレーネ・ディートリッヒにより Café de la Paix がすし詰め状態になり、給仕たちがキッチン、カウンター、ダイニングルームの間を行き来するのに特別な道を通らなければまりませんでした。

1976年 、テレビジャーナリストのレオン・ジトロンが勤続50周年をここで祝うことを決め、友人・知人たちに素晴らしい招待状を送りました。ユーモリストのピエール・ダックとその友人たちの作る同盟、M.L.F.(フランス滑稽運動)が、それに乗じていたずらを企てました。彼らはパリ19区のすべてのアパルトマン管理人、サーカスのメンバー、アコーデオン奏者の団体に偽物の招待状を送ったのです。お祝いの日、これらの人々が皆その招待状を持ってパーティーにやってきました!

1982年 、モリエールによって創設されたコメディ・フランセーズが、 Café de la Paix で300周年を記念する豪華なディナーパーティーを開催しました。 その席には、ジャン・ピア、ソフィー・デュコー、ジョルジュ・デクリエールを含むコメディ・フランセーズのすべての団員や、ベルトラン・ブリエ、ジョゼ・アルチュールといったこの劇団の支援者たちが出席しました。

1989年 、フランス革命200周年記念を祝いました。グレヴァン博物館の協力を得て革命の場面をレストランのショーウィンドーに展示し、革命100周年に作られたマリアンヌ像を新聞雑誌に掲載しました。

2000年 、カフェ・ド・ラ・ペは、パリのカフェ、レストラン、キャバレーを対象にパリ市が設けた「文化遺産賞」の第一位に選ばれました。

2003年 、 Café de la Paix は、フランス建築物課の監督の下、全面改装が行われました。それまでの庭園の装飾と仕切りが取り払われ、より広く明るい空間が確保され、雰囲気も大きさも元の姿に戻りました。

レストラン&バー

150年の歴史を持つ老舗レストラン Café de la Paix では、歴史、伝統、現代性を融合した「コンテンポラリーでクラシック」なお料理を、比類ない雰囲気の中で皆様にお召し上がりいただいています。

Café de la Paix では、レストランのメニューに加えて、屋内のテラス、また気候の良い季節にはオペラ座側のオープンテラスにて、1日中軽食やドリンクをご利用いただけます。

カフェ オペラでは、パリ・オペラ座ガルニエ宮の素晴らしい眺めをお楽しみいただけます。 パリ散策の合間の朝食、ランチ、ディナーに、シンプルで美味しいテラスでのお食事を是非ご利用ください。また、カフェ オペラは、プライベートなイベントにも最適。お食事の場合は20名様、カクテルパーティーの場合は40名様までです。

カレ オペラは、メインダイニングルームの横にある、オペラ座広場に面した独立した大きなアルコーブ。40名様まで収容可能で、朝食、ランチ、ディナーをご利用いただけます。

ターブルドット は、12名様までのランチまたはディナーにご利用いただけます。特にビジネスランチなどにお勧めです。

ホテルの中庭にある800 m²の広々としたサンルーム、ラ・ヴェリエール とバーは、街の喧騒から離れた心休まる場所です。夜の訪れとともに、次第に熱気を帯びたエレガントな雰囲気に包まれます。ラ・ヴェリエールの一端にあるバーは、柔らかな光を通し、落ち着いたくつろいだ雰囲気を醸し出しています。

ご予約

ブティック

ブティック :キーホルダー、豪華ボックス入りカップ、有名な金ボタン付き黒エプロンなど、幅広い商品を取り揃えました!

フォトギャラリー